長辺 600px の画像を背景にできるように 画像参照は 50k まで OK にしました



サンプルなんで、『横書きページ』でちょっと細かく凝って作っていますが、『通常のロゴ作成ページ』でも以下のように使ってみて下さい。



横書きページの文字単位設定



斧という文字を強調したかったので、文字単位で表示設定できる横書きページを使っています。
(45.10)この[lightnovelpop]<E81010>(70.30)斧[fzimokenpi]<#000000>(45)で
(45.10) は、サイズと文字ピッチで、同じく(70.30) で斧に対して大きなサイズ指定してかつ、<E81010> で赤い色を指定しています。斧 の後ろでは、<#000000>(45) で、色とサイズを元に戻しています。 フォントも、基本は FZイモケンピですが、斧だけは ラノベPOP を使っています。 ▼ 文字枠の設定 文字のほうが主役なので、文字枠の太さに加えて、右と左に補正を加えて白い影のような太さを表現しています。 ▼ 文字ピッチと行ピッチ このページでは簡単に文字ピッチを変更できるので、 FZ イモケンピの後半の文字列は重ね文字にしています。 通常のロゴ作成ページ このページでは、文字列全体で位置指定がでる以外は、空白文字と改行で調整しています。改行の高さはフォントサイズによって変化するので、結構適当です。 &#9829; は、通常は入力できない記号等を表現する方法ですが、フォントによってそもそもあるものと無いものがあるので実行してみないと表示されるかどうかは解りません。 どの文字がどんなコードになるかは、こちらの utf8 文字ツールを使ってみて下さい
Categories 画像作成

Leave a Comment